アロマディフューザー
こんにちは、山内みよです。
香りの仕事をしていると、アロマディフューザーの置き場所について聞かれることがよくあります。
まず、香りの特性についてお話しすると、機械タイプのディフューザー、スティック形状のディフューザーなどから香りは噴霧されて上方から円を描くように下へおりてきます。そして、香りの物質は、空気よりも重いので、最終的には床の方でただよいます。
その途中経過で、風や人間の動きにより香りが流れていくことで空間が香りで満たされるのです。
もちろん、お家の家具やスペースの問題があるので、お好きな場所で構わないのですが、最終的には下に行くものですから、なるべく上の方にあると、空間に香りが舞いやすくなります。
やはり香りが一番気になるのは、自宅に入った時ですよね。
特に、お客様を迎えた時など、その家の香りがファーストインプレッション。
始めよければ終わり良しとは言いませんが、やはり玄関や、廊下など、人が香りを運んでくれる場所に置くのがお勧めです。
自宅使用の場合、我が家では、玄関を入って廊下から各お部屋へと続きますが、その廊下の始まりのあたりに置いており、キッチンや、リビングに長くいても、廊下へ出た瞬間に気分が変わるというか、なかなか気に入っています。
また、我が家のお客様は、玄関に入った瞬間に、フーッと深呼吸されたり喜ばれたり。外から中へ入った時に心が自然と緩む、大切な役目を果たしているのを感じます。
ショウルームへお客様を迎えるFILE さんでは、お打ち合わせをするリビングルームの入り口に設置。
やはり、香りの効果を感じていただきやすい場所です。
わんちゃんも少し離れたところのソファや玄関にいるので香りも気にならない様子。
ビジュアルが素敵なディフューザーも沢山あり、インテリア小物として楽しんでいただけますが、少し香りの流れを考えると、とっても効果的に、
且つ経済的に香りを楽しんでいただけます。
よかったらそのようなことも考えて、香りと上手に過ごしてみてください。

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
Miyo Yamauchi

Miyo Yamauchi

【株式会社アロナチュラ 山内みよ】 スペースアロマスタイリストとして、アロマセラピーのメソッドとインテリアやファッション、パーソナルな視点から、香りのコンサルテーションを行い、様々な企業様の空間やプロダクトの香りを企画、調香してきました。天然精油のみを使用したブレンドは、自然のパワーと私たちが生活する環境に自然と馴染む優しい香りとなります。 長年のお付き合いのあるFILEさんにて、大切な空間を、香りで彩るお手伝いをさせていただいております。
 



   

SHOP店舗紹介

FILE home & interior kyoto

  〒606-0826
  京都府京都市左京区下鴨西本町30

  営業時間 10:00〜18:00

  定休日(水•木)

  ※ご新築・ご改築のご相談は予約制

  [徒歩] 地下鉄北大路駅より徒歩15分

  [バス] 北大路駅 赤乗場から市バス   204,205,206,1,北8にて府立大学前
  下車徒歩2分

FILE Tokyo

  〒145-007
  東京都大田区田園調布2-7-23

  営業時間 10:00〜18:00

  定休日(水)

  ※完全予約制

  [電車] 東急東横線 多摩川駅 徒歩5分

FILE BLOG
メールマガジン

ページトップへ

Copyright © 2017 - 2018 FILE LIGHTWORKS. All Rights Reserved.