世界三大銘木とは
世の中には世界三大珍味や世界三大夜景など、「世界三大○○」というものがたくさんありますね。
家具を作る木材にも、世界三大銘木と呼ばれている木の種類があるのをご存知でしょうか?それは「ウォールナット」、「マホガニー」、「チーク」です。
家具は木材の種類だけではなく、木目や色合いなどによっても大きく印象が変わります。
見た目も美しく長持ちする木材で作られた家具は、家族と一緒に時を刻み、その家の象徴的存在にもなってくれますね。
今回はこの世界三大銘木の魅力やそれぞれの特徴などを紹介したいと思います!
【ウォールナット】
この木は流通している木材の中で最も人気があると言われているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。FILEの家具でもウォールナットはとても人気があります。
家具に使われるウォールナットはクルミ科植物の木材で、一般的に「ブラックウォールナット」「アメリカンウォールナット」のことを指します。
ウォールナットの特徴は、なんといっても高級感を感じる肌目や色にあります。茶色が濃く木目が美しく揃っていて、落ち着いた印象を与えてくれます。
耐久性・加工性に優れていて、革製品の様に「人が触れることで風合いが増す」特徴があるため、年月による変化を楽しめる素材でもあります。
ウォールナットを使った家具を置くだけで、部屋の雰囲気が大人っぽく落ち着いた印象になります。
【マホガニー】
マホガニーはセンダン科のマホガニー属の植物で、日本語では「桃花心木(マホガニー)」と書きます
柔らかく加工しやすいため、昔から宮殿や豪華客船の装飾、大寺院の彫刻などに使われてきました。
しかしマホガニーはその価格の高さから、違法に伐採・乱伐されることが多く現在ではワシントン条約に登録されており、三大銘木の中でも最も入手が困難な材種になっています。
日本では本物のマホガニーを見ることはほとんどできませんが、「サぺリ」という木材がマホガニーに似ているため、代用されることがあります。
【チーク】
漢字で「油木」と書き、その字の通り表面が油で覆われているのが特徴です。そのため水や虫に強く、海水に浸けても腐りにくいことから、船舶や建築の材料としても広く使用されています。
チークは切ったすぐ後は黄色ですが、年月が経つにつれて落ち着いた褐色に変化していく特徴があります。家具を使っていくにつれて、風合いが変わるので変化を楽しめる素材でもあります。
木目が美しく、クイーンエリザベスⅡ号やオリエント急行の内装にも使われています。また、日本では飛鳥Ⅱや冨士屋ホテルのメインダイニングルームが有名です。高級材として人気がありますが、輸入制限がかかっている為、現在では入手が難しくなっています。
以上が世界三大銘木「ウォールナット」「マホガニー」「チーク」の特徴です。
ウォールナット以外は、現在では入手困難な木材となってしまいましたが、有名な建築やアンティークの家具などで見ることができます。実際に目で見ると、きっとその素晴らしさを感じられるのではないでしょうか。
FILEのオリジナル家具に使われている木材はウォールナットの他にも、サクラ、ナラ、チェリーなどがあります。同じデザインでも材質が変わるだけで、その家具の印象はぐっと変わります。
次回は他の木材の特徴についてご紹介したいと思います。お楽しみに!家具を選ぶ時、オーダーする時の木材選びの参考にして下さいね。

 

 

 

 



   

SHOP店舗紹介

FILE home & interior kyoto

  〒606-0826
  京都府京都市左京区下鴨西本町30

  営業時間 10:00〜18:00

  定休日(水)

  ※ご新築・ご改築のご相談は予約制

  [徒歩] 地下鉄北大路駅より徒歩15分

  [バス] 北大路駅 赤乗場から市バス   204,205,206,1,北8にて府立大学前
  下車徒歩2分

FILE Tokyo

  〒145-007
  東京都大田区田園調布2-7-23

  営業時間 10:00〜18:00

  定休日(水)

  ※完全予約制

  [電車] 東急東横線 多摩川駅 徒歩5分

 
メールマガジン
 
FILE BLOG
 
FILE BLOG

ページトップへ

Copyright © 2017 - 2020 FILE LIGHTWORKS. All Rights Reserved.