Turk社の鉄のフライパンとグリルパンは1857年の創業以来、今も変わらず職人の手作業で、一枚一枚丁寧に作られていてお手入れすれば100年でも使うことができる一生ものです。
Turk社のものは特に日本で人気が高く、道具を大切にする日本人だからこそ、一度使えばその良さが分かるのかも知れませんね。
鉄には蓄えた熱を逃がしにくい性質がありますが、急激に高温になることはないので、「いきなり焦げて中は生焼け・・」ということがありません。特にturkのフライパンとグリルパンは、叩いて作ることで粒子が密になっているため、熱が均一に広がり食材の芯までじんわりと火が通ります。
このグリルパンはフライパンよりも少し深めになっているので、ハンバーグやすき焼き、ロールキャベツなどの煮込み料理にも使うことができます。
オーブンにも入れられるので、出来立てをそのままテーブルに並べることもでき、保温性が高いので温かいまま食卓で食事を楽しむことができます。
シンプルで美しい見た目は、テーブルウェアとしても大活躍なのでお料理に合わせてサイズ違いで使い分けるのもとっても便利です。

そんなturkのすごさが分かる一番のおすすめは肉料理です!
外はカリッと香ばしく中はジューシーにと、まさに理想的な焼き上がり!
鶏肉の皮もパリッパリで皮好きにはたまらない仕上がりです。
お肉はもちろん、野菜も高温でサッと焼けば水分が出過ぎず主役になれる美味しさ。グリルパンならそのままテーブルに出せるのでご馳走度もアップします。

また料理とも言えないくらい簡単なものですが、パンを焼くと短時間で外側はカリッと中はもっちり仕上がり、バターを染み込ませるといつもの味とは格段に違いますよ。turkをお持ちの方はぜひ一度試してみてくださいね。

他のものに比べて重く、食洗機も使えない、油を塗ったりメンテも必要。でもそのデメリットを上回る美味しさアップ力は何に使っても納得で、一度使ったら手放せなくなるものの1つです。

鉄のモノは「扱いが難しそう」「お手入れに手間がかかりそう」というイメージがありますが、使いはじめの焼きならしさえ行えば、誰にでも美味しい料理を作り続けることができます。

使えば使うほど馴染み、風合いも増すturkのグリルパンは、育てる楽しみのある暮らしの道具ともいえます。大切に扱うことで愛着が生まれて、結果料理の時間が楽しく豊かになりますね。

丈夫で美しく、素材の美味しさを最大限に引き出す魔法のような「turk」のグリルパンで、毎日の食事を美味しく楽しみませんか?

» FILE オンラインショップ [Turkクラシックグリルパン] ページはこちら



   

SHOP店舗紹介

FILE home & interior kyoto

  〒606-0826
  京都府京都市左京区下鴨西本町30

  営業時間 10:00〜18:00

  定休日(水)

  ※ご新築・ご改築のご相談は予約制

  [徒歩] 地下鉄北大路駅より徒歩15分

  [バス] 北大路駅 赤乗場から市バス   204,205,206,1,北8にて府立大学前
  下車徒歩2分

FILE Tokyo

  〒145-007
  東京都大田区田園調布2-7-23

  営業時間 10:00〜18:00

  定休日(水)

  ※完全予約制

  [電車] 東急東横線 多摩川駅 徒歩5分

 
メールマガジン
 
FILE BLOG
 
FILE BLOG

ページトップへ

Copyright © 2017 - 2020 FILE LIGHTWORKS. All Rights Reserved.